スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの英語カード ~What?~

ここ数年で、色々な英語教材がお店やネットで簡単に手に入るようになりましたね
英語を教える先生やお母さんにとってはありがたいことです。

私も気に入ったものを見つけると、すぐに手を出す悪い癖があって
押入れの中は山積み!
最近は講師業をお休みしているので、殆ど日の目を浴びることがなく
ちょっとかわいそう・・・と思い、整理がてら押入れから出してみました。

カード類を一番多く集めてしまっていたんですが・・・
せっかくなので、今日は久しぶりにその中の一つを使って子供たちと遊んでみました

選んだのはお気に入りの一つ、これ

   card1.jpg
   カードが缶に入っててかわいいですオンプG1
   Super Duper のカードで、今日使ったのはブルーの方の”What?”

神経衰弱やばば抜き、他にも色々なゲームに使えます。
今日のゲームはカルタ。
と言っても、兄妹でカルタをすると、最後は喧嘩で終わってしまいそうなので
勝ち負けなしのカルタにしましたうしし

このカードはこんな感じでペアになってます
   card2.jpg 
   card3.jpg

片側が質問のセンテンス。もう一方がその答え。
”What does a spider build?” ⇒ ”a spider web"
   (くもが作るものは何?)                  (くもの巣)

”What do you need when it rains?” ⇒ ”an umbrella"
  (雨が降ったとき必要なものは何?)                   (傘)
 
<進め方>
    1.答え側のカードを表向きに広げます。

    2.母が質問カードを読み上げます。

    3.順番に質問にあった答えのカードをとり、センテンスを作ります。
       答えるだけでもOKですが、センテンスを作れるレベルなら
       トライさせましょう!
       《例》 ”I need an umbrella.”
    
    4.あっていれば”イエ~イ!”と大いにほめます

ほめることで、競い合ったりしなくても十分楽しめます星

緑の缶のカードは反対語です。
これでよく神経衰弱をして子供たちに負けている私ですたはー

丸善などの大き目の本屋さんでも購入できます。
お勧めですはな


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



    
 
スポンサーサイト

World Weather ~世界の天気ゲーム~

最近はネット、というかサテライトがあるお陰で、すごく便利な世界になりましたよね~
ネットをポンと開けば世界中の情報が手に入るんですもん。

When I was youuuuung・・・(私が若い頃)
海外旅行が大好きで、よく色々な国に出掛けていました etc.....
あっ、聞こえはいいですが、貧乏旅行です、ハイたはー

服を準備するのに、旅行本で平均気温を見ながら揃えてました。
オーストラリアに行った時、日本とは逆の季節。
貧乏な私は、夏に出発
つまり、オーストラリアは冬!
当初から浅はかな私は、荷物になるからと、ジャケットを持たずに行ってしまったのでした。
寒さに凍え続けた旅行であったことは、明らかはぁ

あの頃ネットがあれば、もっとenjoyableな旅行ができたのに~

という事で(?ちょっとムチャぶり)、本日のお題は
”世界の天気ゲーム”

昨日のアクティビティに関連付けて使える内容です。

<対象> 小学生~

<人数> 2人~

<用意するもの> お天気カード
            国旗カード もしくは地図
             過去記事参考下さい
                 Where are you from?

<進め方>  1.国名と国旗のレビューをします。

         2.お天気カードと国旗カードをペアにして、
          部屋のあちらこちらに置きます。
          nationalweather.jpg

         3.先生が一つの国を選び、質問します。
           ”How is the weather in France?”

         4.わかった生徒は、その国の所に行き、天気を答えます。
           ”It's rainy in France."

         5.正しく答えられたら、ポイントをもらえます。

*答え方は、早い者勝ちでも、順番に一人ずつでもかまいません。

最近海外旅行行ってないなー
行きたいな~~~italy


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

  

天気は?~Is it sunny outside?~

今日も千葉は雨です。
梅雨なので仕方ないのですが・・
雨の日に外出すると一つだけ困ることがあります。
・・・”髪の毛”です。
前髪が、家でどんなに真っ直ぐにブローして行っても
クルクル~~って・・・自由に踊り始めますKU
自由すぎです。
誰にも会いたくなくなる気分になりますが
きっと、旦那さんがいれば
「誰も見やしないって!気にすんな!」カエルさん(落ち込む) と言う筈なので・・・
諦める事にします。


気を取り直して、今日はお天気つながりで
”Is it sunny outside?"
と言うアクティビティを紹介したいと思います。

<対象> 幼児~小学生低学年

<人数> 2人~

<用意するもの> お天気カード : できれば複数セット
              こんな感じ
              weather1.jpg

<進め方> 1.お天気カードを裏返しで床に広げます。

        2.生徒たちは、カードの周りに座ってもらいます。

        3.一人の子が、カードを一枚めくり、みんなに見せます。
              weather2.jpg

        4.めくった子は、周りの子から一人選び、質問します。
           質問は、めくったカードの天気について行います。
          ”Jone, is it sunny outside?"

        5.指名された生徒は、窓のほうに歩き、外を見てその日の天気を答えます。
          ”Yes. It's sunny." or "No. It's rainy."

        6.戻ってきたら、他の生徒に代わり、繰り返します。

動きを入れることによって、小さい子でも楽しんで取り組めるアクティビティになっています。
おうちでも、お母さんが”ちょっと外の天気見てほしい時に使えますね

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



How old are you?

”Hou old are you?” (年齢いくつ?)

・・・やな質問ですね

”気にしな~い”・・・と言いながらも、なぜかその話題になることが多いから
やっぱりみんな気になることの一つなんですね。
大人もですが、子供も然り!です。

大人は外堀から埋めて、なにげ~にさぐりを入れてきますが、子供は違います。
”ねえ、いくつ?”
・・・ストレート過ぎます

教室でも、よく子供たちに質問されてました・・・しつこいほどに・・・

そんなにこの質問をしたいなら、エーイいっそのことレッスンにしちゃえ~
と言うことで考えたのがコレ

<対象>  小学生~

<人数>  4人位~

<用意するもの> 数字カード : 1~100
            筆記用具

<進め方> 1.数字カードを裏返しで床に広げます。

        2.各自1枚数字カードを拾います。
          この時、他の人に見せないようにします。
          この数字が、その人の年齢になります。

        3.自分以外の人に年齢を聞いていきます。
          ”How old are you?”

        4.質問をして、年齢がわかったらノートに書き留めておきます。

        5.全員が質問し終わったら、先生からの「質問タイム」が始まります。

        6.先生は、年齢に対する質問をします。
         《例》
           T : How old is Mike?
          S : He is twenty years old. 


           T : Who is the oldest/youngest?  
           S : John is the oldest/youngest.  

正確に答えられた場合、ポイント制にしてもいいですね。


さて、これで本当の年をかわせられるかどうかは、その人の腕次第・・と言ったところでしょうか(笑)


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Categorize~仲間集め~

”Categorize”  分類する と言う意味ですね。

最近では日本語でも”カテゴリー”と言う言葉が普通に使われていますが
その動詞形にあたる言葉です。

今日紹介するレッスンアイディアは、仲間集めをしながらスピーキング&ライティングの
練習をするものです。
今日は動物の仲間集めですが、食べ物など他の物でも応用できます。


<対象> 小学生中学年~

<人数> 制限なし

<用意するもの> 文字つき動物カード
            カテゴリー名を書いた用紙(1枚に1カテゴリー)
            categoraize.jpg
              *各自、ノートに書かせてもOKです
        《カテゴリー例》
            ① Animals that can fly (飛べる動物)
            ② Animals that can jump (ジャンプできる動物)
            ③ Animals that can crawl (はって進む動物)
            ④ Animals that can swim (泳げる動物)
            ⑤ Animals that can climb trees (木に登れる動物)
            ⑥ Animals that can dig holes (穴を掘れる動物)  

<進め方> 1.動物カードを広げておきます。

        2.カテゴリーカードを見えない状態で1枚ずつ引いてもらいます。 

        3.自分のカテゴリーを一人ずつ読み上げていきます。
          この時、読めない場合はヒントをあげて理解させます。

        4.スタートの号令で、自分のカテゴリーに当てはまる動物を探し
          書き込んでいきます。
          できれば、センテンスで!
          《例》
           Birds can fly.      
           Butterflies can fly.  

        5.できたら一人ずつ読み上げていきます。

制限時間を設けて、いくつ探してかけるかを競ってもいいし、チーム制にしても楽しいと思います。
まだ文章がかけない場合でも、単語のCategorizeとして充分活用できます。

私は終了後、作ったセンテンスをおうちで書いてきてもらうという宿題にしていた事もあります


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



   

プロフィール

greengoat

Author:greengoat
 好きなもの・こと・・・・・
  英語
  英語絵本
  教材収集
  緑色のもの
  歩くこと
  音楽を聴くこと
  洋楽を一人で歌うこと
  水彩画
  猫
  ガーベラ
  Monument Valley

カテゴリ

FC2カウンター

リンクフリーです。

最新コメント

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。