スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値観は人それぞれ

英語でお知り合いのMさんから、思いもかけずいただき物をしました!

これです
 
Encyclopedia Prehistorica Mega-Beasts Pop-UpEncyclopedia Prehistorica Mega-Beasts Pop-Up
(2007/04/02)
Robert SabudaMatthew Reinhart

商品詳細を見る


そう・・・私は、ある意味コレクターとも言えるほど
英語絵本を集めています

アマゾンなどで中古の安めの本を探して手に入れることが多いのですが
英語版は割りと値段がはるものが多く
気軽に入手できないのも現実

特に欲しい大型絵本やポップアップ絵本は更に高価なため
よっぽどお値打ち品を見つけたとき以外は買えたためしがありません・・・


そんな状況下でいただいたこの本
そう・・・「ポップアップ本」なんです~

Mさんは何かの抽選で当たったらしいのですが
なんと、いらないとの事jumee☆surprise6
・・・ので私にくださったという訳なのですjumee☆lucky1Ljumee☆lucky1R

私にとっては宝の様に嬉しいものなんですが
Mさんにとっては、そうでもないとの事なのです・・・

価値観の相違に感謝くり抜きハート1
大切に使わせていただきますクローバー


ちなみに中はほんとすごいんです!
恐竜百科になっているんですが、こんな感じなんです

  popup1.jpg
 
  popup2.jpg
 
子供達もほしがってました・・・
が!これはあげな~~い 蕁

Mさん、本当にありがとうございます♪


<本日の英語>

”物の価値”と言うのは、その人によってだいぶ違ったりしますね。
この 「価値」
英語では "value" と言います。

personal value : 個人的価値
social value : 社会的価値
dollar value : ドル価値

など、使い方は様々ですが
よく耳にする「価値観の相違」なども
この言葉を使って表現できます

"We have a difference in value."

また逆に「同じ価値観をもっている」だと
"I have the same values as my husband."
  (私は主人と同じ価値観をもっている)

他に、写真などの様に、お金にすると高価ではないけれど
個人的にとても価値のあるものを
"sentimental value" (センチメンタル・バリュー)と言います!

それぞれにセンチメンタル・バリューが高いものってありますよねクローバー



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ちびくろさんぼ

本屋さんの絵本コーナーに行くと、買う当てもないのに、軽く1時間以上は居すわってしまう私。
いつもは素通りするように心がけてはいるのですが
昨日はその欲望に勝てなかった
ついつい1時間半も居すわってしまいました 

で、目に付いたのがこれ

ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ
(2005/04/15)
ヘレン・バンナーマン

商品詳細を見る


何だか昔の友達にあったような感覚
今30代以上の方なら、子供の頃に読んだという方もたくさんいると思います。
確か20年ぐらい前に、人種差別の問題で廃刊になってしまった作品ですが
10年ぐらい前に再刊されています。

子供の頃だ~い好きで、何度も繰り返し読んだ絵本の一冊。
人種の問題なんて気にもせず、ただ・ただトラがグルグルまわってバターに変わっていく。
そんな突飛なストーリーがおもしろくって・おもしろくって・・・

そして、なんと言っても、最後に出てくるホットケーキのおいしそうなことと言ったら

たまりませ~ん
 当時我が家では、そんなホットケーキ・・なんてものは
 食卓に出てきたことありませんでしたから
 食べてみたくて・食べてみたくて・・・


大人になってもしっかり記憶に残る貴重な一冊です。
子供にも読んでほしくって思わず買ってしまいました~~

ところで、「ちびくろさんぼ」と言えば、トラのバターのお話しか知りませんでしたが、
本屋さんには3冊の続編までありました。
続編2は、双子の兄弟がうまれて繰り広げられるお話になっていますが、最後にはまたホットケーキが出てきます

続編3・・・これ、ちょっと疑問。
本来の作者は”へレン・バナマン”さんなのですが、これは日本人になっています???
勝手に作っちゃった???

続編3については、調べておきます。

さて、今日のおやつはホットケーキにでもしようかな~
でも、あんなふうに上手に同じ大きさのもの作るのって
むずかしー


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


学習漫画~ヘレン・ケラー~

小学生の頃、世界偉人伝シリーズを叔父から買ってもらい、嬉しくて夢中になって読みつくした記憶があります。
キュリー夫人やファーブル・ライト兄弟など、初めて読む偉人伝に心をときめかせたものです。

もちろん今でも、偉人伝の本は数多く出版されていますが、最近、我が家の子供たちが好んで読んでいるのが”学習漫画の世界の伝記”。
かなりのロングセラーものですが、漫画形式でとても読みやすそうです。

昨晩、二人はその中の”ヘレン・ケラー”を読んでいました。
      
ヘレン・ケラー―三重苦をのりこえた奇跡の人 (学習漫画 世界の伝記)ヘレン・ケラー―三重苦をのりこえた奇跡の人 (学習漫画 世界の伝記)
(1990/06)
三上 修平森 有子

商品詳細を見る


私ももちろん”ヘレン・ケラー”の話は読んで知っていたつもりでしたが、ふと・・・
”あれっ?彼女は目もみえず、耳も聞こえないのに一体どうやって話せるようになったんだろう??”
と言う疑問が・・・
そんな訳で、夜こっそり学習漫画を読んでみました。

感動です

今更~~と思われるかもしれませんが・・・
彼女はまず初めに、かの有名なサリバン先生から指文字を教わり(並大抵の努力ではなかったようです)、最終的には唇を触っって音を感じとり、言葉を話せる様になったんですね~
聞いたこともない音を口から発するって・・・・想像もできません。

目も見えて、耳も聞こえ、普通に話せる自分・・・
語学習得をダラダラやっている自分が恥ずかしくなってしまいました

英語のBrush Up & 中国語・・・活を入れて取り組みます!

最後に、ヘレン・ケラーの心に残る名言を。

Life is either a daring adventure or
nothing.

 (人生は恐れを知らぬ冒険か、無のどちらかである)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

笑いたい症候群

講師時代は本当によく笑ってたな~
例え、レッスン前にイヤーな事があっても、生徒が入室した途端に笑顔。
初めは作り笑いでも、レッスンが進んでいくうちに本物の笑いに変わっていくから、ほんといい仕事

で、今の私にはそれがないので、自分で探してみることに・・・
手始めに、本屋で本を物色。
目に付いたのが、マーク・レッドベターさんの本。
前にも彼のは読んだことあるし、新しい本でもないしなー・・・と思いつつも手にとって見ると

お・おもしろーい
即、購入。
いやー久しぶりに笑えました

単純に日本人の間違った英語なんだけど、妙におもしろい。

ちょっとおすそ分けを!

この夏、湘南海岸で肌を焼いてきます。  と言ったつもりが・・・
We’ll go to Shounan Beach to burn ourselves this year.
・・・これだと、湘南に行って、バーナーか何かで体をボーっと焼いちゃう感じですね


他にも、
妻が留守のときは、私が子供たちのごはんを作ります。 と言ったつもりが・・・
When my wife is not at home,I cook my children.  
・・・これだと、妻がるすのときは、私は子供たちを料理して食べちゃいます
になっちゃいますよね。


何か他にもいろいろあって、ほんと楽しかったです。


この本です。読んだことありますか?
その英語、ワカリマセン!―あなたの話しているのは日本人語です (小学館文庫)その英語、ワカリマセン!―あなたの話しているのは日本人語です (小学館文庫)
(2007/02)
マーク レッドベター

商品詳細を見る



 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
   

プロフィール

Author:greengoat
 好きなもの・こと・・・・・
  英語
  英語絵本
  教材収集
  緑色のもの
  歩くこと
  音楽を聴くこと
  洋楽を一人で歌うこと
  水彩画
  猫
  ガーベラ
  Monument Valley

カテゴリ

FC2カウンター

リンクフリーです。

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。