スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Odd Word Out Game ~仲間はずれゲーム~

今日紹介するゲームは、我が家でもクイズ形式でよく遊ぶ”Odd Word Out Game"です。
何の事はない仲間はずれを探すゲームですが、クイズ好きな子供達にはもってこいです
応用の仕方によっては、幅広い年齢で楽しめるのでお勧めです。

<対象> 小学生~ 但し、応用する事で幼児もプレイ可

<人数> 制限なし

<用意するもの> ボード
            仲間はずれの問題(事前に考えておきましょう)

<進め方> 1.ボードに下記の様に問題を書きます。
         《例》
          orange    banana    tomato   melon
                                             

            この場合の答えは③ですね。
            果物と野菜の違いです。

        2.一つだけ仲間はずれがあるので、答えてもらいます。
          この時、ナンバーで答えてもらい、その後に単語を読んでもらいましょう。
          もし違っていたら、他の生徒に発言権が移ります。
          当たればポイントをあげましょう。
          T: Say the number that doesn't belong.
             Which one(number)?

〔幼児編〕  単語をカードにしましょう。

〔中級編〕  単語で発話してもらいましょう。

〔上級編〕  仲間はずれの理由を言ってもらいましょう。


<問題例>
   ① panda  cat  car  fox     答えは「car」 動物の中の乗り物

   ② lettuce  apple  frog  grass     答えは「apple」   緑の中の赤いもの
        
    ③ dragonfly  plane  bee  bear    答えは「bear」   飛べないもの

   ④ hippo  tiger  pig  lion        答えは「pig」   動物園にいない物
      *小2ピョンちゃんの答えは「pig」で合っていましたが、理由は”食べれないからでした苦笑いbutハナマル

   ⑤ pen  book  origami  calendar   答えは「pen」   紙で出来てないもの


さて、ここで問題
   仲間はずれはどれ?

  ant  butterfly  grasshopper  spider

わかりますか???

答えは























「spider」でした。

足の数が8本なので・・・(他は6本)
簡単すぎたかな???

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Searching Words

小学校の頃社会の授業でやった、地図帳を使っての地名探しが大好きでした
先生が息抜きに時々やってくれたと思うんですけど、先生があるエリアから一つの地名を言って、生徒はそれを探す・・・と言うものでした。

今日は、その感覚にとても近いゲーム”Searching Words”を紹介します。

<対象> 小学校低学年~

<人数> 制限なし

<用意するもの> 英字新聞などのコピー:生徒数分
             (本など、普通の英文でもOK)

<進め方> 1.Sに英字新聞を渡します。

        2.Tは、その中からひとつの単語を選び、ボードに書きます。
          初めから、読みを教えるのではなく、ボードに書いた単語を 
          Sに読ませるといいですね。

        3.Sは指定の記事の中から、Tの言った単語を探します。

        4.時間制限内に、たくさん見つけてもらいましょう!!

        *単語は、できるだけ記事内に複数あるものを指定します。
         newspapaer.jpg
         見つけたら、この様に丸で囲んでいくといいですね。

私は、英字新聞に触れてほしくて新聞を使用していましたが、ない場合は何でもいいと思います。
最近は、ネット上でも子供新聞が掲載されているので、そのようなものを利用してもいいと思います。
参考まで、こんな英字新聞もあります。
     
     http://www.nytimes.com/learning/students/

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

Let's read and tell !

今日引越屋さんが見積もりに来ました。
来月からだんなさんがまた海外駐在です。
3度目です。
今日の引越屋さんも海外駐在経験が豊富な方で、なんと5カ国に住んでいた事があるとか・・・
色々な話が聞けて楽しかったです♪
彼は英語圏でない国にも何カ国か駐在していたらしいのですが
会話はどこに行っても英語が中心だったそうです。

やっぱり英語!なんですよね~

私も去年は上海でしたが、英語を話せる中国人の人はたくさんいました。

英語に携わる仕事に就けて幸せですね!
って、私は休業中ですが・・・

前置きが長くなっちゃいましたが、
今日紹介したいのは ”Let’s read and tell!” です。
特にタイトルはなかったので、そのまんまです。
読み・単語の伝達・書きの練習ができる優れものです!!
そして高学年から大人まで、広い年齢層の方で楽しめます

<対象> 小学校中学年~
         ただし、フォニックスの習得が終了してから

<人数> 4人以上

<用意するもの> 英短文を大きな字で書いたもの
             短文の内容と量はSのレベルに合わせて変えて下さい
   《例》フォニックス終了後間もないSへの問題
       Cat wants a snack.
       Cat sets a trap.
       Cat gets a pig.
       Too big!
       Cat gets a frog?
       No, a dog!
       Bad luck!
                    

<進め方> 1.Sを2人ずつのペアに分けます。

        2.ペア内で、読む人と書く人にそれぞれ分担してもらいます。
      
        3.書く担当のSは少し離れた位置で筆記用具を持って
          座ってもらいます。

        4.Tは短文を書いた紙を裏面にし座ります。

        5.”Start!”の掛け声で、Tは紙を表面にし、読み担当の
          Sは短文を声を出さずに読み、覚えた分を書き担当の
          Sのところに行って伝えます。
          この際、読めない単語がある場合はアルファベットで
          伝えるようになります。

        6.読み担当Sは時間制限内に何度もT⇔書きSの間を
          行き来し、短文を伝えます。

        7.時間制限内にどれだけ正しく伝えられたかが勝敗になります。

        *時間があれば、読み・書きの担当を交代し、もう1度
         別文でチャレンジしてもらってもいいですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ       

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

プロフィール

greengoat

Author:greengoat
 好きなもの・こと・・・・・
  英語
  英語絵本
  教材収集
  緑色のもの
  歩くこと
  音楽を聴くこと
  洋楽を一人で歌うこと
  水彩画
  猫
  ガーベラ
  Monument Valley

カテゴリ

FC2カウンター

リンクフリーです。

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。